41st TIOGA Carnival in Kutsukiレポート

 2019年6月2日に開催された『41st TIOGA Carnival in Kutsuki』に参加してきました。

 昨年は豪雨の影響で中止になりましたが、今年は梅雨前で天気にも恵まれ無事開催となりました。

 まずは、スーパーキッズの計測を行い。集計して間もなく4時間エンデューロが定刻10時にスタート。

 試走していないので後方からのんびり進むと、コースは駐車場からセンターハウス裏の通り、いつもの坂を上り、楽しい下りというコース。上りもうまくコースが変更されていてきつい部分は回避されている1周1kmのショートコース。

 リズム的には良い感じのコースですが、1周が4~5分というのがどう影響してくるか?

 ソロは3名。TKPさんが見える位置で走りますが、1.7barのエア圧に設定した初めて使用するタイヤがハネ気味で下りのグリップ感が乏しいく、9周目(40分)にピットに入り1.6barに落とします。

 クラス順位は2位で周回を重ねますが、チームのライダーは凄い勢いで抜いていきます。

 私の心配事は、完走証が何枚になるのか?

 1枚で33周なんですが、トップは3枚になりそうな勢いです。ホッチキス持って来なかったことも後悔します。

まだ力強く上っています

 1時間くらいから腰が痛みだし、立漕ぎでは対処できない締め付けられるような痛みで、下りも辛くなり徐々にタイムが落ちてきてTKPさんにラップされます。

 1時間40分で辛抱できなくなり、ピットインしてストレッチ。8分程休憩している間にTKPさんに2ラップされる。ショートコースはすぐにラップされるのが辛い。

撮らないでって!言ったのに

 その後は、きつめの上り1か所は押すと決め、1時間おきピットインしてストレッチ。そしてTKPさんにラップされるを繰り返します。

 4時間少し前にゴールを通過して最終周へ。脚は余裕なのでラスト2周は押していた箇所も乗車してゴール。

 計測は、突風で計測機材が飛んで行った際の数分間がドタバタしたようで、その時間帯を録画映像でチェックして集計。
 総合トップは59周で、何とか2枚に収まってくれました。

 クルクル感満載なショートコースですが、リズム良く走れる良いコースでしたね。こんなリズム感で1.5~2kmなコースだったら楽しいでしょうね。

 レースの結果は、https://tomscraft-mtb.com/846/ で見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です