MTBエンデューロ計測

 トレラン計測の翌日、3月15日は、MTBレースの計測と選手として参加。

 コースは昨日の雪でマディな状態ですが、試走も無く10時にスタート。

 あまりのグリップ感の無さにビビりながら下りを走り1周目のロングコースを終了。2周目からは通常コースですが、前回とは距離が短くなっていますね。

 周回を重ねるごとに、久しぶりの山走りの感覚を思いだし、コースにもなれ走りやすくなりましたが、脚は一向に回ってくれず口だけは滑らかに回ります。

 1時間半時点で、トップにラップされるのですが、エリートライダーに続いてTKPさんとshiver君がパックで抜いて行きます。悔しいですが、今の私の実力はこんなもんです。

 TKPさんから順位がおかしいということで、計測ポイントで聞いてみると様子がちょっとでは済みそうにない状況なんで、2時間9周でひとまず計測サポートに回ります。

 さて、状況は、コースが短いところに多くの参加者なんで、計測ポイントに連続してきてしまうタイミングがあり処理しきれなかったようです。

 通過状況を録画しているので、いつもは計測担当の娘が映像を確認して訂正するのですが、今回はその時間が取れなかったようで、私が映像を見ながら訂正。

 他にも、Bibカードの取付方法角度が悪くって読めないライダーが多く、大変だったようです。

 身内ライダーにも2周目から読めない人がいましたが、こちらは顔パスでクリア。でもこれって良いのか悪いのか。
 オフィシャルとしてはダメなんですが、中にはソロライダーで取り付け直すことができなくって自分でコールしてくれるライダーもいるので、ここは柔軟な対応しかありません。

 しかし、チームの方はお願いします。

 レース終了までにできる限りのデータ訂正を行い、各クラス表彰対象のトップ3の確定はできました。

 しかし今回のように、うまくことが運ばない時には他にもミスがあるはずなので、結果については後日Webにアップすることを主催者にお願いして撤収。


 写真は、ゴールのフラッグを振るスタッフ。おおよそ20分間頑張って振ってくれてました。


 男子ソロは、1時間半の時点で抜かれた3名がそのままの順位となりました。
 オイ、右の人、おっさんに負けたらあかんやろ!!

 帰ってからは、打ち上げと反省会。その後は映像を見ながらライダーチェックでやっとデータが完成。

 お待たせいたしました。

 https://tomscraft-mtb.com/846/

 次回は、今回の反省を踏まえてより確実な計測を心がけます。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です