長野遠征その2

 台風が近づいていた週末でしたが、朝起きると星が見えます。

 予報では15時ごろから雨だそうですが、空と相談しながら進むことになりました。

 
 出発は5時半。ライトが無くても走れます。

 
 しばらく行くとゲレンデを藪漕ぎで進みます。若者二人とガイドのGa9さんの三人で先頭交代。私は、昨日の転倒で肩が痛く腕が上がらないので掛け声だけ。
 後ろで「こんなとこに死体捨てたら絶対見つかれへんで!」そのセリフどこかで聞いたぞ!

 
 よくある名前の湿原に到着。夏だと花が咲いて綺麗でしょうね。この後は泥+根っこというコースでやられました。

 
 スタートは長野県ですがこの頃には新潟県に入っています。

 

 
 本日の参加者。京都からは一人帰って、一人加わりました。

 
 お楽しみの『スーパーZ』なるほどね。下り系のラインと私のラインが全く違っていて結構笑えました。

 

 
 結構な巨木。森ですね。少し前には猿の群れに遭遇しました。

 
 ここが、今回のツーリングの目玉『カタパルト』ありえない斜度の直線落下。私はスタートして早々に転倒。その後コツを掴めましたが、こういうのは苦手ですね。でもブレーキ握りながら落ちていくのは笑うしかありませんでした。

 最後は予想通り雨に降られましたが、本当に楽しいツーリングでした。

 

 距離は67kmですが、ほとんどがダートやシングルトラックなんで京都では考えられない充実度。時間は若者二人の引きのおかげが予想以上に早く終了したそうです。

 二日に渡って案内していただいたGa9さん。そしてセッティングをしてくれたTKPさん、mineさんに感謝。もちろんご一緒した皆さんにも感謝です。ありがとうございました。

2 件のコメント

  • Unknown
    カタパルトの動画は、転倒では無く、正しい止まり方の見本でございます。Ga9さん曰く、この方法が一番安全な止まり方だそうです(^^)/

  • Unknown
    TKPさん
    Ga9さんに言われたんで、絶対右に行こうと思ってましたが、正しい止まり方というよりは、正しい危険回避方法ですね。
    前の5人に続けなかったのが悔しいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です