ビギナーズMTBツーリング

集合写真 本日の開催予定のビギナーズMTBツーリングは7名の参加者で楽しく終了しました。

心配していた天気と路面も大丈夫で、皆さんに楽しく走って頂けたと思います。

今回は初参加の方が2名いらっしゃり、1名は本日が山デビューだったのですが、厳しいながらも上ってしまってからは楽しく走られていました。

本当は緩い上り下りのコースが良いのですが、北山周辺ではなかなかそのようなコースがありません。その中で今回は難しい下りが無いコースを選んでみました。

走りなれた人からは「京都は最高」とよく言われるのですが、初心者の人たちには厳しい山に違いありませんね。しかし京都の山を楽しく走ることができればどこの山でも楽しいと思いますから、頑張って上達してくださいね。

スゴウ

8 件のコメント

  • ご無沙汰しております。
    写真から類推いたしますと、ここは2年前に子連れで参加したときに行ったコースだと思い、懐かしく拝見いたしました。7月22日はAですし、久しぶりに子連れ参加するいいチャンスだったのですが、こんなときに限って仕事が入ってしまいました。息子も中学生になりましたので、これからもチャンスがあれば参加させていただきたく思います。よろしくお願いいたします!

  • いつもながら
    ありがとうございます!!
    今回は半日だけの参加でしたが、いつもながらとてもゴキゲンに走れました。
    今回は久々にリジッドで山道走りましたが改めてリジッドの良さを再認識しました。

    飼い犬さん
    サングラス一緒に探しについてきてくださってありがとうございます。

    sugoiさん
    来月も楽しいイベントお願いします。

    ではでは、また皆さんと一緒に走れるの楽しみにしてます。

  • 心が痛む
    子連れさん

    その通りです。でもその月のツーリングレポートはまだです。次回更新の予定ですが・・・
    あ~心が痛む!!

    Yoshiさん

    来月のビギナーズツーリングはCなので「酷暑の京都を引き摺り回す」企画をただいま計画中です。Mの方々の参加大歓迎です。(ってね)

  • ありがとうございました
    この間のツーリングありがとうございました。お蔭様で楽しく走る事ができました。今回はそんなにトラブル(ネタ)もなく、無事に(?)走れたと思います。が、ペダルをビンディングペダルに交換し、立ちごけの連発、非常に痛かったです。
    でも、痛い思いをしながら、すこしづつ上達できたらいいなぁと思っています。次の企画も楽しみにしています。では

  • 立ちゴケブラザーズ?
    imagawaさん
    コメントありがとうございます。
    何事も起こらなかったのはいろんな意味で上達してきているからだと思います。この調子で9月のイベント目指して頑張ってください。

    ところで、「立ちゴケブラザーズ」ですがもしかしたら「立ちゴケトリオ」結成になるかも・・・

    詳しくはまた今度ということで

  • report
    Sugoiさん
    2004年11月だったので、↑↑↑↑↑のレポートはアップ済みでしたよ!でも、
    The 20th Anniversary 4h Enduro Serise & 2007TIOGA Carnival
    のレポート、お待ちしております。あ、プレッシャーかけちゃったかな・・・

  • いつもありがとうございます
    sugoiさん いつもいろいろなアドバイスありがとうございます、滋賀県在住のYGです。
    この前は、SPDにし、不調で尚且つ路面もWETで滑りやすく、ちょっとブルーになりました。しかし、9月のイベントの誘いを受け何か目標を見つけたように感じられます。
    9月のイベントのことなのですが、自分にとって初めてのことなのでどういうやり方で走ったら良いか全くわかりません。その前にimagawaさんと現地に走りに行きたいと思うのですけど、何か良いアドバイス等あれば教えてください。宜しくお願い致します。
     ブラザースからトリオですか?良い助っ人楽しみにしています。また、いい走り見せてくださいね!!

  • いろいろ
    子連れさん

    ただいまレンタルサーバーの変更中なので、しばらくお待ちください。って、これくらいしか言い訳が考えられません。

    YGさん

    とりあえず山は走らずに舗装路でも構わないのでゆるいアップダウンのコースを結構高い心拍数で休憩を取らずにできるだけ長く(1時間以上)走ってみてください。
    すると、徐々にスピードが落ちてきて走り続けるのがつらくなってくると思います。その時の「しんどさ」加減が今の自分の限界点になります。
    今度のレースは2人交替で走るので、この「しんどさ」を超えない様に調整して走るのが6時間を走り切るコツになります。
    現地に走りに行くんでしたら、会場はいろんなコースがとれるのでスタッフにイベント当日のコースを聞いてから走るようにしましょう。(ロングのコースになるはずです)そして自分の得意部分や苦手部分の把握。楽なライン取り(二人の力だったら全コース乗車して走れるはず)などを研究してみてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です