BRM531アルプス600 その2

 5月31日の6時にスタートした『BRM531アルプス600』

 今回は、最北端のPC4から

 2時12分にPC4を出発して南下します。

 が、夜中で記憶がありません。

仮眠 334km付近 3:01 42分
 途中、あまりの睡魔でコース脇の屋根付きバス停でちょっと寝ました。

 塩尻市に入ると、市街地を走るのですが、路面が荒れているのと信号のタイミングが悪くストップ&ゴーでイライラしながら走ります。

 1000m級の峠を越えたはずですが、これまた記憶無。記憶が無いのは辛く無かったからか?いやいやそんなことは無いはず。

 主催者案内の仮眠所が塩尻市街にあったので、休憩されていたライダーたちが前後に見えるようになり、単独走から解放されました。

PC5(406.0km) 7:44着 26分停止 DNF貯金1時間20分
 PC4からPC5の区間は本当に記憶がありませんね。

 走り出して思った以上に気温も高いので、昨日のような熱中症にならないようにアームカバーを外し日焼け防止クリームを塗ります。毎回思いますが、レースじゃないので細々としたことを時間を惜しまずに実行することが楽に走る方法です。

 
 山が綺麗だったので止まって撮影。多分駒ヶ岳です。

 天竜峡まで来ると、後は迷うことも無い道です。この先は、前回夜中に走ったのですが、アップダウンでしんどかった記憶があるので、その前にコンビニに入って涼みます。

 さあ、アップダウンに突入!なるほどこんな地形だったんですね。小山を越えて下って谷を橋で越えるの繰り返し。前方に見える道路を見るだけで走る気が遠のいて行きます。夜中に走った方が気分的に楽でした。

PC6(477.9km) 12:23着 27分停止 DNF貯金1時間29分
 次は最後の難関の新野峠です。15kmで400m上るのですが、このタイミングでの上りはきついですね。
 途中追いついた人に話掛けられて気が付きました。寝ながら走っていたようです。

 一旦平地になった所に道の駅があるので休もうかとも思ったのですが、勢いつけて休まず上り、14時40分に新野峠をクリア。後は下り基調なので気分的に楽になります。

 
途中で写真撮影。以前から気になっていたのですが、硬い石が窪みに入り、水流で回転して削られたようです。

 
 写真のつり橋から撮影したんですが、先客が結構揺らしてくれるんで二人で楽しんでしまい、良い気分転換になりました。

PC7(575.6km) 18:24着 26分停止 DNF貯金2時間
 ここから先はフラットだし、時間的にも心配は無いので最後のPCでのんびりしても良いのですが、とりあえず早く終わって解放されたい思いから少しの休憩で走りだします。

 気持ち良く走れるはずのダム湖沿いの道では悪いことに向かい風で21km/hぐらいしか出ません。なぜか気持ちも焦り「なんでもっとスピード出ないんや?自転車が壊れたか?」と思い止まってホイルを回してみたりと訳分からん行動をしている自分にこれまたイライラ。

 途中から暗くなってライト点灯。二日目にライトを点灯させたのって初めてですね。

ゴール(600.0km) 20:02着
 やっとゴールで自転車から解放されます。
 スタッフの方にチェックを受けてしばし歓談。ママチャリ君がゴールしたか聞くと31時間台でゴールしたそうでビックリ。

 ママチャリ君のブログを見てみると、写真もこまめに撮影し、途中温泉まで入っていました。仮眠はしてないようですが、速すぎです。

 さっさと着替えてお風呂に行って、ご飯を食べて高速へ。遠州豊田PAで仮眠。ビールを1本飲み切らずに22時には寝てしまいました。

 
 翌日は、のんびりと帰り多賀SAでタンパク質を補給して14時には帰宅。車と自転車を洗車して16時から仕事に行きました。

 3回のブルべ出場でまともに走れたのは300kmだけというなんとも情けない結果でした。

 今年の予定イベントを考え、できたら9月の紀伊半島600でリベンジしたいと思うのですが可能かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です