BRM507近畿400km レポート(2)

 PC3までは、熊野川沿いを走るのですが昨年は列車に乗っていたので写真を撮る余裕がありませんでした。私は何故かこの手の川が好きですね。そしてなんとも不思議な山というか岩肌もあります。

 PC3までの時間を前回と比べてみると・・・遅いです。遅すぎです。

 昨年は15時52分ですが、今回は16時29分。30分ほど遅いです。いやいや30分も遅いです。しかし焦りません。

 今回の目標は、平均時速20km/h以上。だから予定では17時でよいのです。そして、各PCでじっくり休憩して補給やストレッチをする計画です。これまでは前半を頑張りすぎ、後半の休憩が多くなってしまっていた反省から変更しました。今のところ計画通りです。

 さて、心配ごとの一つだった膝の痛みは、危うく前回の二の舞になりそうでしたが、やっと気が付き克服することができました。書き出すと長くなりそうなのでこれはまたの機会にしておきましょう。

 PC3を過ぎると平坦な海岸沿いを走るのですが、どうもパワーが出ません。普通には走れるのですが、負荷を掛けた走りができない状態です。これでは目標を達成できそうに無いので、立ち漕ぎしたり、下りを利用してスピードアップしたりと筋肉に刺激を与える走りをするようにしました。そしてエンジンがかかりだした頃にちょうど良い列車に乗ることができました。何がちょうど良かったかというと結構スピードに変化があり、これが良い刺激になったようです。

 PC4(223km)には18時32分に到着。

 さて、ゆっくり食事してストレッチして予定タイムより9分早い19時に出発です。

 ここからはライトを点灯して走りになります。ロードの人は路面状態を気にしないといけないのでしょうが、マウンテンの私は気が楽ですね。自動車が走ってるんだから大丈夫でしょ!って感じです。

 コースは、同じく海岸沿いになるのですがこれまでと違ってちょっとしたアップダウンが繰り返すコースになります。

 走りは先ほどの刺激が功を奏して軽いですね。補給しさえすればいくらでもペダルを回すことができる状態。上りで太ももに負担を掛けなければ楽勝で400kmを走れそうです。

 PC5(294km)には22時3分に到着。

 脚は大丈夫ですが、同じ姿勢なので腰や肩回りが辛いですね。
 ここでもゆっくり休んで、予定タイムより9分早い22時33分に出発。うんうん予定通りですね。

 調子はますます上り調子で、ガンガン回せます。脚の疲れは感じないのでPC6前の峠もギアは軽いですが快調に上ることができました。

 PC6(352km)には1時10分に到着。

 ずっと食べているので、胃も辛くなってきており最小限の補給にしてストレッチ。予定通りの1時35分に出発です。

 このペースで走れば目標をクリアしそうなので、気合も入り眠気も感じなくなります。

 最後にある激坂はさすがに堪えましたが、これを下ればゴールと思うと頑張れるというものです。

 今回のゴールはコンビニのレシートチェックだったのですが、コンビニに到着するも店員が出てこないのでスルーして本当のゴールに4時41分に到着です。

 予定より10分早いことになりますが、実際の距離が短いことが気になりましたが何とか目標は達成しているでしょう。

 あ~本当に疲れました。

 スタッフと喋りながら、いつものカップ麺をいただき片付け。ゆっくりと仮眠したかったが午後から仕事だったのでそのまま帰路に。しかし高速に乗って15分しないうちに我慢できなくなり一旦降りて30分仮眠。お昼前に家に到着して昼食と少し昼寝して午後から仕事に行きました。

 もう1回あるので、お好きな方はお付き合いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です