BRM424近畿400(その1)

 2回目のブルベに参加してきました。距離は400kmです。

 走りながらブログアップしていたので、なんとな~く感じは伝わったかな?

 スタートは8時~8時半ということでしたが、7時半頃からスタートということで私とIsakaさんは7時40分頃にスタート。(殆どの方がスタート済み)今回は114名がエントリーということです。

 さて、一つ目の峠(ちょっとした峠)でIsakaさんとはさよならでした。

 PC1(80.7km)はチェックだけ受けて休憩せずに走ります。

 PC2(125.6km)への道は、勤めていた時に三角点設置測量の2週間ほど出張していた地です。ちょっと楽しみだったのですが、宿だった付近は記憶にありましたが、さすがに10年以上前のことですからしかたありませんね。
 写真は、『大銀杏』という天然記念物があったので撮ってみました。クリックしていただくと大きさが分かるかと思います。
 PC2は道の駅で『めはり寿司』が名物ということだったので買って食べようとすると、隣の参加者が「さんま寿司が美味しいですよ」と教えてくれるも時既に遅し。そうこうしてると24耐を一緒に楽しんだM田さんとM黒さんコンビが到着して一緒に食事。お客様から着信があったので電話すると、込み入った内容で20分近く掛かってしまった。

 PC3(180.4km)へは、長時間の休憩がたたり走り出してもペースが上がりません。本当に最近は休憩後のペース回復が遅くなりました。しかし、峠の下りを利用してペースアップすると、列車がやってきて気動車2台に客車1台という贅沢な列車でPC3へ到着。ずっと向かい風だっただけに本当に助かりました。ここが新宮市なのであとは海沿いに帰るだけ。

 PC4(223.6km)は串本なので紀伊半島の南端になります。海沿いなので風を心配していたのですが穏やかに走れました。海を見ながら走るのって気持ちよいですね。オケツは坐骨周辺が痛くなってきました。

 PC5(294.5km)までのどこかで夕日が見られるかなと思いながら走ったのですが太陽は山の方向です。GPSの地図を見ても無理そうなので適当に写真を撮ってブログにアップ。相変わらず風も無く良いのですが、港(集落)と港を結ぶ道が山越えなのでアップダウンの繰り返し。これが一番堪えたかも・・・
 途中眠くなり、ストレッチなどをして眠気を覚まします。

 この後は『その2』へ続く

2 件のコメント

  • BRM424近畿400
    私の方でのイベントは・・・Sugoiさんと別れた峠の直後、旧道との分岐で少しロストして新道を下ってしまったこと(帰りも最後のほうの大橋付近で少しロスト。近畿は進行が少し難しい・・でも次回からは大丈夫そう)、PC2で私も「めはり寿司」を食べたこと。遅い私はPC2前の道の駅で昼飯時になって、コマ図記載の「たこ焼き」を食べたこと。これも普通においしかったです。
     コースコマ地図にはコース付近のお勧めメニューも記載されており、これらを回ることや事前に調査してのうまい物巡りを楽しみにする人も多数です。(Sugoiさんや今回の私みたいにコースタイムを気にしての進行は、極少数。この点、このイベントを勘違いされませんように、念のため)

     海沿いのアップダウンをいやがる人は多いけど、ブルベ的には登り放し下り放しの山岳コースより時間あたり距離が稼げて楽なのだと思います。..峠のほうが楽しいけどね・・

  • Unknown
     ブルベって、出る前の準備。そして知らない土地を走り、美味しい地場の物を食べて制限時間ギリギリまで楽しむと、本当に楽しいイベントだと思います。

     でもIsakaさんより早くゴールできて本当に本当に良かったです!!!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です