BRM526乗鞍600km(2)

 今回はPC3からですね。

  

 
 そういえばコース全体図がまだでした。 

PC3~PC4 309.5km地点 岐阜県高山市 22時30分着 休憩41分
 写真は、スマホのバッテリーが無くなって充電を開始したのでありません。
 王滝村の一山北側を西に進みます。だんだん薄暗くなり涼しくなってきました。まあ上りなんでそのまま走り、これから下りというところでトイレを発見。そういえばお股ケアをしていなかったのでここでケアしたのですが、今回は全く痛くなる気配がありません。調子が良いのか?ついでにウィンドブレイカーも着込んでスタート。
 正直この間はほとんど記憶がありません。あとから地図を見るとダム湖の横を走っているんですが、記憶があるような無いような。別に寝ていた訳じゃないですが、ずっと一人だったのもあり、心に残る出来事が無かったんでしょうね。

PC4~PC5 411.9km地点 岐阜県中津川市 5時49分着 休憩41分
 
 さて、ここからPC5までが時間帯的に一番辛い区間です。基本下りなんですが、どこかで仮眠を摂らないと走りきれません。
 当初の予定では、PC4に21時半頃に到着して銭湯で1時間仮眠を考えていたのですが、予定は変更です。
 標高が高いと気温が低いけど、標高を下げられる頃には明け方で気温が下がります。さっきまで曇っていた空も今は晴れていて、放射冷却も予想されます。
 そこで、早めに仮眠を取ることにして場所を物色しながら走ります。
 この辺は冬の寒さのこともあるのか、屋根付き扉付きのバス停があるのでそこで仮眠することを考えたんですが、最初のバス停は扉はあるがガラス無し。次はガラスがあるが扉が閉まらず。次は先客あり。4つ目でやっと仮眠場所を確保することができ、0時12分から1時50分まで仮眠することが出来ました。
 下呂温泉で露天風呂に入られた人も結構いたようですね。

PC5~PC6 478.6km地点 愛知県豊田市 9時42分着 休憩32分
 
 (こうやって見るとタイヤのボリュームがやたらとでかいですね)
 太陽も高くなり、眠気もどこかへ行くだろうと思っていたんですが甘くは無かった。走り出して30分ほどすると眠くなり、1時間ほどするともうだめ!となって、道端で寝てしまいました。一応マナーとして「倒れた」と思われないように自転車と体は離し、ヘルメットも取って仮眠。自分では1時間ほど寝たと思ってたんですが、20分ほどでした。しかし、この仮眠でその後はスッキリと走ることが出来ました。
 しかし、このころからお尻が痛くなりだしました。お股じゃなくお尻です。坐骨がサドルに当たる辺りがヒリヒリします。そういえばこのレーパンでは以前もこれに近い状況になったことを思い出しました。このレーパンでの長距離はダメということですね。
 PC6のコンビニでガリガリ君を食べると、何故かガリガリ君が茶色くなります。かじってもかじってもその部分が茶色。口の中が切れて血が出てるようですね。これって頑張りすぎか?

 今日は、ここまで。明日に続きます。さあ明日は感動のゴールですよ。

2 件のコメント

  • Unknown
    完走、お見事流石!!レポートたいへん参考になります。来年は私も400、600完走目指しますよ・・?残念ながらロードの予定。
    それにしても口の中血まみれとは、凄いことなってますね~

  • Unknown
    OSSAさん
    来年は一緒に200,300,400,600と出ましょうね。
    口の中は何が原因か分かりませんが、血が出てました。人間、頑張るといろんなとこからいろんな液体が出るもんですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です