王滝感想その2

 さて、今年も100kmがスタートしました。最初は延々と上りが続きます。

 雨は、時々強くなりもう笑ってしまうくらいの天候です。サングラスも早々に外しヘルメットに刺した状態で走ります。

 今年は長距離の練習ができなかったからか、全然パワーが出ませんね。15km付近から腰も痛くなり、早々に惰性で走る感じ。楽しみの下りですら腰が痛くて楽しめない状態でした。

 しかし止める訳にはいかないので補給ついでに腰を伸ばしてみたりとだましだまし走ります。

 天気は相変わらずで、昨年のような景色を見ることもなく少しでも楽なラインを見つけるために下だけを見ます。(あ~楽しくないな~)でも、この雨はほんまに笑います。フロントフェンダーに溜まった泥が洗い流されたりと結構強いのですが、全然気になりませんね。でもこの雨ではカメラを取り出す気にもなれないので走行中の写真はありません。

 途中、知り合いお二人に会い、少し話をして走ります。

 さて、貯水池まで来た時に前にmineさん発見。力が出ないとの事。ここでCP2でリタイヤ宣言(でもCP2までたどり着けず)この言葉は私には凄い誘惑でした。あ~俺もそうしようかな~!!そうしたいな~!!

 なんて思いながらもCP2に到着。その後舗装路を走るのですが、どんどん体が冷えて行きます。ウィンドウブレイカーを着ている私がそうだから、半袖の人は大変だろうな~(って、この天候で半袖は無謀でしょ)

 次の林道の入り口では、スタッフが「この先6kmの上りです」と言います。もう体はボロボロで、メーターを見ながら「あと3km」「あと2km」とカウントダウンしながら何とか上ります。上のスタッフにコースを聞くと「下ってちょっと上ります」で進むと、昨年走ったコースですが思い出すと延々上っているはず。それもとんでもなく荒れています。が、これが最後の上りと思うと頑張ってしまいますね。

 で、最後の下りを後ろブレーキ無しながらも調子良く飛ばしていると、リアフェンダーがあらぬ方へ向いてしまい、工具で修正。この間に3人抜かれる。途中から手で修正していたのですが、きちんとしておけば・・・

 さあ、もう下界へ下りてきたのでもうすぐゴールのはず。今回はコース変更になったので、昨年とは違います。ゴール間近でスタッフに案内されてゴール。開けた場所に設けられていて昨年より数倍良かったです。しかし、ゴールしてから会場へ帰るのに引き返さないといけないのはちょっと・・・そしてその距離がまた長い。(まあ下りですから文句は言いません)

 天気はCP2通過後から回復してきてゴール時には晴れ間が見え出しました。(もっと早くと思うも、後片付けの時だけでも晴れてくれたので感謝)

 宿に帰ると何故か前転王さんが、車の回りにお店を開いています。MTBも洗車済み。CP2で自主リタイヤのようです。

 私もMTBを洗車。前後フェンダーを着けていたといえ、かなりの泥(というより砂)です。でもサドルに掛かる泥が少なかったので(そこだけは)かなり快適でした。

 私もお店を開いているとTKPさんが帰ってきました。初出場で完走。さすがに長年エンデューロを走っているだけのことはありますね。

 なんだか、生き物のように見えてしまうTKPさんのザック。

 その後は帰ってこない飼い犬さんを残し3人でお風呂に入り上がってくると飼い犬さんが帰ってきて洗車してました。残念ながらCP2でタイムオーバーだったようです。こちらは長年の経験が生かせていなかったようです。

 帰りは、またまた蕎麦を食べ(来る時のお店より美味しかった)、名古屋では味噌カツドンを食べ、日が変わる頃に京都に帰ってきました。

9 件のコメント

  • Unknown
    お疲れ様でしたm(__)m完全に完敗ですorz悔しいけれどこれが現実。。。冷たい雨と風邪に体温を奪われて、寒さのあまりハンドルまで手が届かないくらいに、体が硬直してしまっていました。全身がつりだしてSugoiさんに抜かれる直前の下りは自転車を杖に歩いていました。。。このままでは悔しすぎるので、リベンジします!!またよろしくお願いします。

  • はまりました
    王滝はレースではなくアドベンチャーでした~

    王滝はまりました、、、
    あほ嫁様によろしくお伝え下さい。

    mineさん、前転王さん、SUGOIさん、いろいろと事前にアドバイスありがとうございます。皆様のおかげで目標タイムで完走できました。

    飼い犬さん、いいネタをありがとうございました。そういう意味でGOOD JOB。おやじ対決、今年あと2戦よろしくです。

    次回はすばらしい(はず)の景色が、
    見えることを期待して、
    またいっしょによろしくお願いいたします!!

  • Unknown
    ツーリングイベントでは
    お世話になりました
    今王滝は厳しかったですが
    完走充実感は今まで以上でした
    後半の登りはしんどかったです
    ゴール直前の葉っぱもった?
    おじさん…幻覚じゃないですよね(笑)

  • 会えませんでした。
    前夜祭、表彰式とみなさんを捜していたんですが、お会い出来ませんでした…。
    宿に帰ってたんですね!

    スタートはまた遅刻したので会うはずもなく…。 
    レース中パンク?に苦しみむ飼い犬さん
    にはお会い出来ましたね。

  • Unknown
    mineさん
     そこから先は、反省会で是非語ってください。笑いすぎて涙が出た時のためにハンカチを用意して行きます。

    TKPさん
     あほ嫁さんは「やはり!」ということでした。次回はバイクを新しくして参加しましょう。

    やまゆきさん
     本当に充実感はありましたよね。いつもは「終わった終わった」ですが、今回は「あ~やっと終わった!!」って感じでした。
     ゴール前のおじさんって?すいません、気づきませんでした。

    ycrさん
     すいません。前夜祭の頃は宿の食堂で盛り上がっていました。そして表彰式の頃は宿でほっこりしてました。スタート前に探したのですが、遅刻だったんですか。ってスタートじゃない列に並んでました?

  • だって
    >TKPさん
    MTB環境が少ない現居住地から、ずーっと土の上で遊べるフィールドに入ったんで、ついつい嬉しくはしゃいでしまいました。勝負を放った訳ではなく「どこまで行けるか」に切り替えざるを得なかっただけですわ。
    次の2戦は食らい付きますよ。

    >ycrさん
    皆さん淡々と走り過ぎていく中を、声かけしてもらって大変心強かったです。おおきにです。

  • 初参加の王滝
    私にとっては富士見に続き、雨…試練か…。
    どうせ初参加だし、トレーニングも兼ねて、
    フルリジット、フロントシングル(34枚)で
    走ってみました。
    下りではゴボウ抜きにされまくり屈辱的、気持がめげます・・。
    登山では御岳山の南山腹を近くで観る事は出来ないですが、数秒雲の隙間から顔を覗かせた雪渓の御岳山がそんな気持を癒してくれます。
    上黒沢をぐるっと回ってくる最後のループ
    (残り25㌔くらい?)でサドルがぽろり…
    修復不能に。
    今大会は、絶対押さないと決めていたのと、30.9mmにオカマ掘られるわけにわ行かないので、こっからは立ち漕ぎとスタンディングの下りでゴールを目指します。
    フィニッシュはおそらく9時間ジャストぐらいだったと思います。
    ゴール後のリエゾンが10㌔も!知らなかった…。
    下り基調とはいえ、登り返しが数箇所、平地も
    多くこれが最悪、足も腕もパンプしてしまいました。会場への最後の緩い登りが苦痛で、正面の土手を担ぎ上げ、会場に帰還。
    感想、自転車は漕ぐより担ぐ方が楽でした。
    なんだかIsakaさんみたいな発言に
    なってしまったのは問題ですが・・・。

  • Unknown
    飼い犬さん
     次回は「早く着く」で頑張ってください

    ycrさん
     百戦錬磨のycrさんも「サドルがぽろり」ですか。だめじゃないですか。それはきっとあれですよ!あれ!大丈夫ですか?
     最後を担ぎ上げるycrさんを見たかったな~

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です