Un Authorized が登場☆




こんにちは^^


ご存知でしょうか、
今日の最高気温がお昼でも9℃しかないことを、、

少しづつ冬の気配ですね。


巷の噂では今年はカメムシが少なかったから大雪だと聞きました。

カメムシ占いですか。斬新です^^



さて今日は!!

2020年12月にして!

初登場の!




初めまして~の方も、
お久しぶり~の方も、

どうぞよろしくお願いいたします☆


それでは早速


↓↓↓

Un Authorized 33rpm
  サイズ   S (Blue), M(Gray)
カラー    Blue / Gray
定価¥134,000-(税抜)






Un Authorized(アン オーソライズド)は、

『様々な国のトレイルで走った
まずはMTBが始まった場所マリンカウンティ
そこで思ったこと
それは…
それぞれのブランドにはそれぞれのブランドが生まれた背景があり
その背景からそれぞれのジオメトリと乗り味が決まっているでは?
ということ

それから17年間
アメリカ、カナダ、オーストラリア、ドイツ、イギリス、スコットランド、スペイン、イタリア、スイス、オーストリア、インドネシアそして台湾等々色々なところを走りまくった

多様な地形、土壌、気候に出会い、様々なスタイルのライダー共に
さらには多くのバイクブランドにも乗った

そして確信が持てたこと、
それは日本のトレイルには日本のジオメトリが必要

海外で得たことを日本に持ち帰り、
日本での自分たちの楽しみを最大限にするバイクを追求

日本のトレイルは傾斜が急で
コンパクトな山が多くさらに高温多湿、
木の根やツルツルの岩。

そこにはアメリカでもヨーロッパでもない独特の風土がある
そこで楽しむための
ローカライズ
歴代の33rpmの中でも突き抜けてスタビリティーが高い

そしてキーワードは
63°
-420mm

(メーカーサイトより抜粋)

なんだかすごくドラマを感じませんか、読んだだけですけど。


まだまだショートストロークのハードテールが主流だった2000年代前半、
Un Authorized 33rpm は、下り遊びも何でもできる、万能ハードテールとして誕生しました

フレームの素材はクロモリ
最終工程を日本で行っております


 33rpm Enduro スペック
モデル: UnAuthorized 33rpm
チューブ:Original クロモリチュービング
適正フォーク長:最大160mm(44mmオフセット)
サイズ:S , M(Grayのみ)
カラー:Gray / Blue
ヘッドアングル:63度 (160mmストローク時)
適正身長:S〜173cm, M〜180cm
BB:プレスフィット
ヘッド:ZS
シート:31.6mm
Rハブ:Boost
プライス:¥134,000-
付属品:9point8オリジナルシートクランプ / ロバートアクスルシャフトmade in USA
※ボトルケージ用ボルトは付属いたしません。

よくよく見ると、
あれ、ずれてる?ミス?と私は思ってしまいますが、
実はこれにもドラマが、、!

左右非対称のブリッジは、
ドライブ側と反ドライブ側との、
剛性を均一に保つためにあえてこうなっていると!
なるほどですなぁ。


シートチューブとシートステイが溶接されていないのは、
クロモリらしいしなりを感じやすくするためでしょうか?

通常、BBから出ているシートチューブが、
ダウンチューブから出ている!
あ、ここもまたずれて、、ませーーーん!

こうなることで、
よりシートアングルをねかせることができるので、
自然な形での後ろ荷重が可能なんでーす^^

離れてみると一目瞭然。
めっちゃずれてます。

メーカーさんが乗ってきてくれた実車、
ヘッドアングルよりもシートアングルの寝ぐあいが際立ちますね。
お店の回りだけの試乗でしたが、コーナリングが気持ちいい!
これはフルサスに負けない走りが期待できそうです。

ハードテイル vs 最新のフルサス



どうぞ、どなたか結果教えてください^^


さてカメムシ占いですが、
少ないから大雪なのか、
多いから大雪なのか、
ちょっといろいろ混ざっております。


そもそも今年のカメムシの多さはどうだったのかを
レクチャーしていただけたらなと思います^^






コチラの商品は当店通販サイトでもご購入が可能となっております^^
↑↑上記クリックで当店通販サイトへ移動します↑↑

トムスクラフト、オンラインショップ、OPENしました!!
TOM’SCRAFT オンラインショップはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です