コンプレッサー購入

 以前から苦労していたチューブレス(レディ)タイヤのビート上げ。(チュードには手を出していませんから)

 ヘトヘトになるまで頑張り、娘と後退してみたり。お店やトムス本店に駆け込んでみたり。しかし、そんな悩みもおさらばです。

 遂に念願のコンプレッサーを購入しました。

 使い道は、タイヤのビート上げはもちろんですが、ハンドルグリップの入れ替えに洗車後の水飛ばし。そして本業のPC内部清掃時の埃飛ばし。自動車のシート清掃にも使用を考えました。

 いろいろ調べてみるとタイヤだけだったら10リットルでも良さそうですが、他の使用を考えると15リットルでも役不足のようです。そこで思い切って30リットルにしました。


 購入したのは、SR-102 SR-L30MPT-01。これは、ホース等が付属していないのでホースにエアダスターとタイヤ用のチャックガンとやらを購入して1万8千円。ある程度高いですが安心保険ということにしておきましょう。音が静かというクチコミが多かったのも選んだ理由でした。

 さて、使ってみると静かと思います。業務用の大きなコンプレッサーしか知らないのでなんともいえませんが、我が家だと室内で夜間でも何とか使えるレベルです。

 残念ながらタイヤのビート上げはしていませんが、ハンドルグリップの入れ替えをしてみました。いつも店長がやってる要領でやると・・・感激です。

 ブルベに合わせてエンドバーを着けたり外したりが面倒で、いっそのことロックオンタイプにしようかと考えていただけに、この楽さは感激です。

 車内清掃も試してみたんですが、ダッシュボードなどの隙間に入った埃は飛ばせましたが、シートの埃はこの圧力では無理なようでした。これは0.8MPa(約8気圧)なんですが、もっと高圧が必要なようですね。

 難点は、重量が26kgとちょっとヘビー級なことですかね。しかし、ほとんど私の部屋で使う予定なんで良しとしましょう。外で使う時用に10mのホームも買っとこうかな。

 先ほどは、自動車のタイヤにエアを入れました。

 写真のようなバルブに変えてからは、フロアポンプの口が入らなくなり悩んでいたんですがこちらもこれで解決です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です